読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IRP Rider

ほとんどゆっくり、時に速く

TSUGARU CUPコース再び

前日にバレーノさんと約束していたライド。

朝6時に城西大橋集合。

家を出るときに右クランクのPMが反応していない。

電池切れの模様。

城西大橋のローソンにて調達、交換。

 

バレーノさんと合流して走り出すもスピードでない。

風か??いや、風は弱い・・・

あ、これ疲労でダメなやつや・・・

100㎞ライド出だし3㎞でヤバさを悟る。

 

バイパスを上り、環状線をスキー場方面に行く途中で敢え無く千切れる。

全然力が入らず。

 スキー場から下って、赤石へ向かい、ミニ白神への上りに入る。

あの急勾配の上り・・・耐えられるかな??

 

JAの倉庫を左折してしばらく続く緩い区間は会話しながら、やがて集落へ向かう勾配がきつくなる区間でじりじりと離れていく。

つづら折りではもうダメ・・・36‐25でSFR・・・

ところで、集落の中に「殿様の井戸」という湧水ポイントがあるのだが、あれは飲めるのだろうか??

湧水好きとしては気になるところではある。

 

下って再び環状線に合流。

後はスカイラインまで耐えるのみ。

ミニ白神に比べれば楽なもんだ。

 バレーノさんはもう遙か彼方に行ってしまったがマイペース。

というよりもペースなど1㎜も上がる余地なし・・・

 

嶽で休憩。

五平餅2つ食べる。

いろいろともう限界だ。

 

嶽から大秋、西目屋経由で帰るのだがその途中の会話。

私「津軽ダム行きました?大分整備されましたよ」

バレーノさん「いやまだ、行ってみる??」

私「マジすか??」

 

思わず「マジすか?」が心の底から漏れ出してもうた・・・

かくして津軽ダムも追加に。

なに、15㎞ほど増えるだけさ・・・

あのアップダウンが泣けるぜ・・・

 

f:id:ciclista-irp:20170507215358j:image

 

ダムは下からも見学できるようになっていた。

吐水の勢いがすごく大迫力。

そして歩くと揺れる橋。

津軽ダム・・・魅せるねぇ・・・

 

ラスト、茜橋方面までは痛恨の向かい風。

バレーノさんに付き位置で走るもあっさり付き切れ。

練習らしい走りが何もできないまま城西大橋到着解散となった。

 

バレーノさん、ありがとうございました。

折角の機会だったのにまともに走れなくてスミマセン。