IRP Rider

ほとんどゆっくり、時に速く

岩手日報杯

土曜日は完全オフにした。

この1日での超回復に期待する。

 

日曜日、朝4時起床。

前日に大まかな積み込みは済んでいたので、ジャージやら細々した物を準備して5時前に出発。

ナビに場所を入力すると170㎞ちょっと・・・意外と遠いな。

余裕をもって到着して試走して・・・と考えていたのが結構ギリギリか??

 

コンビニでドリンクやおにぎり買って食事しながら移動。

車のフロント左のハブベアリングが不調。

なんかすごくうるさい。

 

高速を降りてからの道がわからなかったが、何となくそれっぽい方向に進んで行ったら看板や標識が出ていたので助かった。

7時ちょっと前に到着。

知り合いの方々すでに多数いらっしゃる。

皆さんにご挨拶して自転車の準備して、そうしているうちに受け付けが始まったので受付を済ませて・・・それからようやく試走に出る。

 

ルートラボで見たことしかないので実際走ってみてどうなるものやら。

スタート直後の上りが200mほどなのだが勾配がきつい。

その後、下って上って、また下って上って・・・

前半3㎞ほどのアップダウンが辛い。

普通に走ってるだけでインターバル掛かるやつだ・・・

 

後半はフラットな直線。

前半で千切れたらもう復帰できないやつだ・・・

そしてゴール前でちょっと上って、その疲れ癒え切らぬままあの急勾配に突っ込むと・・・

朝、家を出る前に測った体重が約72㎏、嫌な予感しかない。

幸い距離の長い上りは無いので、何とかパワーでゴリ押しできたら吉。

 

2周ほど走って車に戻り、入念に身体を解す。

そうこうしているうちに開会式。

 

f:id:ciclista-irp:20170508124337j:image

 

 右側にきちっと整列している自転車部の学生たち。

・・・と、ぱらぱらっといる一般のおじさんたち。

部活の子たちは礼儀正しいね。挨拶とかすごい。

 

開会式終わって定刻の9時、エントリーしているビギナーシニアのスタート。

ここで言うビギナーは車連登録してない人の意。

真の意味でのビギナーに非ず。

同時にスタートするのはデビュー戦となる高校1年生たち、つまり本当にビギナーと女子。

整列順は、高校生→女子→その後ろにビギナーシニア・・・怖いよ・・・

パレード走行は最初の急勾配のみで下りからリアルスタートであると・・・波乱の予感。

 

パレードスタート

ゆっくりとしたペースで急勾配を1回パスできるのは私としてはありがたい。

スペースを見つけてできるだけ前に上がっておく。

 この四方八方塞がったまま下りに向かうのか・・・

 

リアルスタート

集団の速度が一気に上がる。

グーンと下って右前方、コーナーのアウト側で高校生がガードレールに突っ込む。

あー、もう2、3人いきそうな・・・と思っているうちにイン側にいた私の方まで落車の波が押し寄せる。

仕方ないので路肩の砂利に逃げながら走った。

 

上り返しで少し前の集団とギャップができた。

なかなか詰め切らなかったがバックストレートに向かう前の長い下りで合流。

身体重くてよかったぜ・・・

 

開始数十秒での落車のこともあって、バックストレートまでには3分の1ほどの人数になった。15名くらいだろうか??

後はここで生き残る戦いになる。

ゴールまで残り500m強の右直角コーナー、後ろを走っていた高校生の前輪が私の後輪に軽く接触。

落車にならなくて良かった。

突然自分の後輪がキュインキュインいうとビックリするね。

 

そしてゴール前の上り~激坂のコンボに悶絶。

この辺りでエルドラのA選手が少し抜けだした。

バックストレートに入る頃には200mほど先行していただろうか??

 

5名でそれを追いかける展開。

IUCCのK高さん、ジフニータのF咲さん、A井さん、T田さん、私。

スムーズに回れば詰められそうな差ではあるが、私はアップダウンのダメージであまり貢献できず・・・

 

2周目ラストの上りでF咲さんとK高さんが少し先行。

続く激坂でも差を詰められず・・・こうなると厳しい。

私が4番手で単独になる形となった。

長い下りの区間で・・・と思ったが全くどうにもならず。

 

バックストレートで単独追走していると後ろから迫ってくる影。

A井さん・・・平坦ちょー速えぇぇ。

追い付かれパスされそうなのを必死に喰らいつく。

重いギアをゴリゴリ踏んでいる。

時折申し訳程度に先頭交代をするが、むしろ後退しない方が速いんじゃ?というレベル・・・

ただ上りに関しては少々分がありそうなので、最後まで離されないように頑張る。

 

バックストレートからの右コーナーで少し離れてしまった。

心折れかけたが最後の上りでスプリント。

どうにか捲って4着フィニッシュ。

ゴール後はそれぞれ健闘を称えあった。

このレース後の握手とかってイイよね!

 

今回の反省点

前とどれくらいの差があるのかをもっとしっかり把握しようとすべきだった。

時折バイクから差を教えられるのだがよく聞こえなかったり、何て書いてあるか見えなかったりする。

それに頼るのではなく、見える範囲にいるのであれば、看板や電柱などの指標を使って自分でカウントして差を測る癖をつけたい。

詰めれるか詰めれないかは別として・・・

  

その後は登録者レースを撮影しながら観戦。

 

f:id:ciclista-irp:20170510014545j:plain

 

もうスピードやら何やらが全部違うね・・・

あんなところで走れる気がしない・・・

あそこに少しでも近づけるように練習せんとなぁ~

 

岩手日報杯に参加された皆さんお疲れ様でした。

私としては、去年はニセコも行っていないのでロードレースは2年振りでしょうか?

良い刺激になりました!!

 

そして、レース後に一緒に走ってくれたジフニータの皆さん、ありがとうございました。

物凄く千切られましたけど・・・

ダムカードもらいに

三船雅彦元プロのtwitter投稿で度々ダムカードなるものをゲットしている様子を見ていらい、ダムカードという物の存在が気になっていた。

ダムカードは、ダムの基本情報と写真が掲載されたカードなのだが、全てのダムにカードが存在するわけではなく、限られたダムで配布されているようだ。

その辺は国土交通省のサイトで検索すると各県で配布しているダムの情報がわかる。

 

青森県内では9つのダムにそのカードが存在するようだ。

ただ自転車で走るのも退屈なので、こういうカード集めなどをしながら走る機会も持ちたいと思ったわけだ。

 

で、第1弾が津軽ダム。

今年になって資料館やら展望所がかなり整備された。

いつもの練習コースだしちょうどいいのでササッと行ってきた。

 

前日までの3日連続100kmオーバーの後遺症がひどいのでとにかくゆったりとしたサイクリング。

前日のセルフマッサージとBCAA摂取などのおかげか多少マシではある。

が、翌々日は今季初レースなのであくまで回復を優先。

 

途中でちらほらとロード乗りとすれ違う。

目屋のガソリンスタンド付近でT藤さんK池さんの2人のクライマーと遭遇し少々雑談。

この日も酸ヶ湯まで行ってからの目屋だとか・・・

 

その後も軽いギアでゆったり走ってダム到着。

 

f:id:ciclista-irp:20170508021333j:plain

 

立派な資料館だねぇ。

尾太鉱山の情報とかゆっくり見たかったが、あまり時間が無いのでまた次回。

 

f:id:ciclista-irp:20170508023641j:plain

 

ダムカードはこの横の玄関からもらうのさ。

 

f:id:ciclista-irp:20170508023840j:plain

 

詳しいもらい方は ↑ の情報を参照。

 

f:id:ciclista-irp:20170508024118j:plain

 

かくしてダムカードをゲット。

この管理事務所は浅瀬石川ダム津軽ダムの統括管理事務所なようで一挙二枚同時獲得となった。

また別日に浅瀬石川ダムにも行くけど・・・

 

まぁ、これもらったからどうというわけではないのだが、マニアックな一品がコレクター心をくすぐって来よりますな。

次は碇ヶ関方面かな。

厄介なのはむつの川内ダムと南郷の世増ダムの2か所・・・

TSUGARU CUPコース再び

前日にバレーノさんと約束していたライド。

朝6時に城西大橋集合。

家を出るときに右クランクのPMが反応していない。

電池切れの模様。

城西大橋のローソンにて調達、交換。

 

バレーノさんと合流して走り出すもスピードでない。

風か??いや、風は弱い・・・

あ、これ疲労でダメなやつや・・・

100㎞ライド出だし3㎞でヤバさを悟る。

 

バイパスを上り、環状線をスキー場方面に行く途中で敢え無く千切れる。

全然力が入らず。

 スキー場から下って、赤石へ向かい、ミニ白神への上りに入る。

あの急勾配の上り・・・耐えられるかな??

 

JAの倉庫を左折してしばらく続く緩い区間は会話しながら、やがて集落へ向かう勾配がきつくなる区間でじりじりと離れていく。

つづら折りではもうダメ・・・36‐25でSFR・・・

ところで、集落の中に「殿様の井戸」という湧水ポイントがあるのだが、あれは飲めるのだろうか??

湧水好きとしては気になるところではある。

 

下って再び環状線に合流。

後はスカイラインまで耐えるのみ。

ミニ白神に比べれば楽なもんだ。

 バレーノさんはもう遙か彼方に行ってしまったがマイペース。

というよりもペースなど1㎜も上がる余地なし・・・

 

嶽で休憩。

五平餅2つ食べる。

いろいろともう限界だ。

 

嶽から大秋、西目屋経由で帰るのだがその途中の会話。

私「津軽ダム行きました?大分整備されましたよ」

バレーノさん「いやまだ、行ってみる??」

私「マジすか??」

 

思わず「マジすか?」が心の底から漏れ出してもうた・・・

かくして津軽ダムも追加に。

なに、15㎞ほど増えるだけさ・・・

あのアップダウンが泣けるぜ・・・

 

f:id:ciclista-irp:20170507215358j:image

 

ダムは下からも見学できるようになっていた。

吐水の勢いがすごく大迫力。

そして歩くと揺れる橋。

津軽ダム・・・魅せるねぇ・・・

 

ラスト、茜橋方面までは痛恨の向かい風。

バレーノさんに付き位置で走るもあっさり付き切れ。

練習らしい走りが何もできないまま城西大橋到着解散となった。

 

バレーノさん、ありがとうございました。

折角の機会だったのにまともに走れなくてスミマセン。 

 

 

300km組迎撃ライド

先日参加できなかった300㎞ライドを別口でやっているグループがいるとの情報をキャッチ。

ならば逆走して迎え撃とうと・・・

午前中に予定を終えて昼過ぎから走り出す。

合流した時に渡そうとエネルギージェルを幾つか背中に忍ばせておく。

 

どのルートで鰺ヶ沢まで出ようか悩んだが、TSUGARU CUPコースを逆走して行くことにした。

バイパスを上り、スカイラインまで上って下り、ミニ白神を経由して国道101に出てサンクスにて小休止。

FBでの投稿時間等を考えるとそう遠くない所を走っているはず。

ここから問題になるのは、北金ヶ沢をどっちのルートで走ってくるか・・・

上りコースと回避集落コースどちらで来るか。

ここまで来て出会うことなくすれ違いは辛い。

たぶん回避ルート知らないだろうと踏んで上りコースへ。

すれ違わず・・・

 

もう少し進んでみよう。

千畳敷・・・すれ違わず・・・

 

もう少し。

風合瀬辺りまで行ってみるか・・・

前方から走ってくる一人の影。

300㎞組のM上さんだ。

折り返して追走。追い風に乗りながら走っているのでちょっとずつしかつまらない。

結局、北金ヶ沢の上りでようやくキャッチ。

4人で300㎞に出て、最早バラバラ単独走になっているようだ。

 

サンクスで休憩しながら後続を待つ。

S戸さん、U野さんとやって来た・・・が、マイケル来ず・・・

とりあえず持ってきたジェルをみんなに配る。

その後もやって来ないマイケルは諦め、皆で先に進むことに。

 

せっかくアシストしに来たので集団を牽引。

次の目標は鰺ヶ沢のローソン。

追い風に乗ってアップダウンを乗り越えていく。

ローソンでも長めに休憩していたがマイケル来ず・・・

日が落ちてきて半袖半パンで来たことを少し後悔。

 

この後も国道101を行くという事で森田の道の駅まで牽引。

最後別れ際にU野さんにラス1のジェルを手渡す。

これにて任務完了。

 

森田から日が落ち切る前に急いで帰宅。

結構、いやかなり疲れた。

前日も100㎞オーバー走っているからな・・・

 

明日も朝から100㎞のライドに出る予定だ。

大丈夫だろうか??

TSUGARU CUPコース視察

3月中旬にイベントとして呼びかけたまま放置になってしまっていた。

4月末からミニ白神への道も開通しているはずなので、そろそろコースの下見に行かねばと思っていた。

この前の240㎞から2日休養したので行ってくることに。

 

240㎞走った翌日、翌々日と体重増加で73㎏に・・・

身体が浮腫みまくりで参った。

 

今回の主な目的は、

・一度コースを走ってstravaのセグメントを作る

・昼食会場の下見

 

宮地バイパスを上り環状線へ。

か、風が強ぇぇぇ・・・

まだ脚に疲労感が残りまくっている。

回復走しなかったからなぁ・・・やっぱやった方が良いんだろうなぁ・・・

 

弥生に入ろうとした時、消防車が続々進行方向へ向かって行く。

この先で何かが燃えているようだ。

全部で7~8台くらい行ったんじゃないだろうか。

進んでみると畑の横に積み上げてあった丸太が燃えていた。

パッと見では大きな火災ではなかったが、それでもかなりの人が動くもんだな。

 

スキー場の下から中村へ下り、北金ヶ沢へ向けて国道101を走る。

目的地は約10㎞先の匠屋という食堂。

ここは広そうだし、マグステ丼も食べられる。

 

海岸沿いのほぼフラットな道。

ただし風次第ではなかなかしんどい。

匠屋前で終わってもいいのだが少々面白くないので北金ヶ沢の丘向こうまで。

下ってから折り返して集落を抜けて匠屋にピットイン。

マグステ丼、定食、麺類、基本何でもある。

せっかくなのでマグステ丼をいただいた。美味い。

 

昼食後は国道101を引き返し赤石方面へ。

ミニ白神への上りを目指す。

JAの倉庫?を左折したところからじわじわと登り始め、最初の集落に向けてググッと勾配がきつくなる。

集落内で落ち着くが、その後急勾配の2連続ヘアピンへ突入。

70㎏オーバーには辛い。

その後、ちょっとしたアップダウンがあって環状線方面へ下る。

 

そこからはいつもの岩木山1周ルート。

スカイラインへ向けて上っていくのみ。

冬にスパイクタイヤのCXで走った時に比べれば楽なもんだ。

 

神社まで下りてきた後はアップルロード方面へ寄り道。

やっぱりアップダウンがきついな・・・

アップルロードから悪戸に行って定番のアイスをお土産に買って帰る。

嫁さんと子どもへのせめてもの・・・

 

まぁ無事に目的を達成できてよかった。

 

セグメントは4か所作成。

ⅰ弥生の信号からスキー場下まで

ⅱ中村の信号から北金ヶ沢の丘頂上まで

ⅲJAの倉庫から下り前まで

岩木山裏からスカイラインまで

 

ⅲに関しては下りきるまで・・とも思ったが、ジロでダウンヒル賞が無かったことになったように、下りを含めるのはリスクが高いのでその手前までとした。

白神山地1周

1か月半ブログ放置・・・

 

白神山地1周も今シーズン2回目となる。

青森発で300㎞走る予定がキャンセルになったので、大館発の240㎞に急遽エントリーさせていただいた。

 

4時15分スタート予定なので2時半に起床。

もそもそと準備をして3時頃に車で大館を目指す。

移動中におにぎりなどを食べておく。

前回240㎞走った時は途中から補給食食べれなくなって死んだ。

それ以前にロングしてなさすぎもあったが・・・

なので今回は補給に気を使った。

 

携帯した補給食は、

・フルーツバー:180kcal×5

・フルーツバー:190kcal×5

・スポーツ羊羹:171kcal×5

プロテインバー:225kcal×5

・パワージェル:120kcal×4

・メイタンのカフェイン200:115kcal×3

wiggleのエナジーバー:222kcal×2

・SISのジェル:144kcal×2

合計5387kcal、過剰なほど持って行った。

 

ドリンクボトルは2本。

両方ともスポーツドリンクにメイタンのカフェイン200とBCAAをぶち込んでおいた。

味は濃いがまぁ大丈夫だろう。

 

スタートしたメンバーはくまおさん、チョッティ、かずさん、私の4名。 

 

f:id:ciclista-irp:20170502181803j:image

 

雨降りの予報もあるが打たれるの覚悟での強行軍である。

向かう先、能代方面の空は黒い・・・降ってるな。

 

 能代までは速すぎず遅すぎず。

20~30分毎にとりあえず固形物を摂取。

後半、どんどん食べにくくなるので味の濃いものから食べた。

前回の240㎞に比べると風は大分マシだった。

 

峰浜の道の駅辺りから雨が降り出す。

引き返すつもりはない。

降るか降らないかの辺りが一番ストレスで、ずぶ濡れになってしまえば逆に楽しいもんだ。

気分は雨のステージでの逃げグループ。

前走者のタイヤから飛んでくる飛沫が口に入るのが少々あれだが、まぁ気になるのはそのくらいのもんだ。

あ、それとアイウェアのレンズの撥水性をもうちょっとよくしたい。

 

ずぶ濡れであきた白神駅にピットイン。

トイレやら補給やらを済ませる。

 ここまでで食べた補給食は8つ。

前回食べにくかったwiggleのベリー味のバーはさっさと片付けた。

塩のサプリなんかも摂取しておく。

 

かずさんがしんどそうだ。

腹が痛いと・・・

 

白神の駅を出る頃には雨が上がっていた。

ここからは海岸沿いのアップダウンが脚を削りにかかってくる。

風は若干追っているが楽に高速巡航・・・というほどでもない。

途中でリゾートしらかみと並走する場面なんかもあったが、くまおさんがペースを上げた直後に脱落。

くまおさん&チョッティが電車と競っている。

その後ペースを落としたところに合流。

 

いつもトイレ休憩をするちょっとした丘の上にある駐車帯。

そこ目がけてチョッティと競るが、あっさり豪脚によって捻じ伏せられた・・・

 

f:id:ciclista-irp:20170502181830j:image

 

ここで脚に不穏な気配・・・チョッティに漢方を処方してもらう。

 

次の休憩は北金ヶ沢のサンクス。

そこでクエン酸を注入しドリンクを補充。

ドリンクに再びジェルを混ぜ込む。

少し座って休んでいるとかずさんがやって来て、無事4人編成に戻る。

このコンビニ休憩で両脚が攣って死に掛ける。

これから鰺ヶ沢の上りがあるというのに・・・

 

4人でサイクリングペースで巡航。

中村からいよいよルート中で一番辛い上りセクションに入る。

序盤の緩い区間はまだよいのだが、少し勾配がきつくなった途端にくまおさんに置いて行かれる。

チョッティは辛そうだ・・・

同じヘヴィーウェイトクラスタとしては他人事ではない。

 

上りきって自販機で飲み物を補給。

ここまでも走りながら摂る補給食は固形物ばかりで来れた。

しかし気持ちは悪い・・・

そろそろ本格的にジェルの出番か。

 

f:id:ciclista-irp:20170502181850j:image

 

アベは30.8kph

この先の風向き的にさらに落ちることだろう。

 

岩木山環状線は最初追い風だったのだが気が付けば向かい風。

弥生すぎのトイレで小休止。

目屋のローソンを経て嫌なアップルロードへ入る。

ゴールド農園の上りの路面が悪い。

疲れた身体に振動が沁みる。

 

ゆめりんごファームのペダルレストにピットイン。

 

f:id:ciclista-irp:20170502181900j:image

 

プリンやタルト、ジェラートにコーヒーといろいろあって良い。

今後役立ちそうなポイント。

ただサイクルラックの噛ませが甘くてグラグラだった。

これはどこのペダルレストでもその傾向があるが、引っ掛ける前に確認した方が良い。

 

アップルロードの嫌らしい上りを越えて、今回は大鰐から碇ヶ関へ抜ける裏ルートを行くことに。

交通量は少ないのだが・・・上りだ・・・

向かい風がひどくて勾配が5割増しに感じる。

そして久しぶり&疲労困憊につきこんなに長かたっけ??と・・・

 

f:id:ciclista-irp:20170502181909j:image

 

ようやく関所。

後は矢立峠越えるだけ。

気持ち的にも楽になる 。

 

 補給に気を遣いまくったおかげか、筋疲労はひどいがまだ少し行ける気がする。

矢立の麓から上までの3㎞弱頑張ってみる。

緩い区間はそれなりに良かったが、やはり少し勾配きつくなるとダメだ・・・

矢立は総じて緩いはずなのだが・・・

 

矢立で最終休憩をして一気に下る。

釈迦池方面との分岐点でかずさん、チョッティとお別れ。

くまおさんと2人で帰る。

この道のアップダウンも疲れ切った身体によく効く。

 

くまおさん宅に帰着して、速攻でBCAAを摂取。

2~3日はダメそうな疲労感。

それでも前回から補給の面では大分改善点が見られた。

なるほど、これだけ食べ続けなければ走れないんだな・・・

食べるのも練習が必要だ。

 

残った補給食を見るに、4000kcal強は食べたはず。

240㎞でこれくらいなので、下北350㎞はプラス4時間分必要と・・・

 

くまおさん、かずさん、チョッティ、ありがとうございました。

次もまたお願いします。

西目屋まで

このところ自転車に乗らずにプールで泳いでいた。

だいたい2000mくらいを約1時間で泳ぐ。

慣れない運動ってこともあってすごく疲れる。

それでも回をこなす毎に楽に泳げている気はする。

 

今日は弘前でロード初実走。

いよいよ待ちに待ったこの時。

アルミのTREK1200を引っ張り出して整備。

どろどろになるからアルミでいい。

泥除けが見つからなくてASS SAVERで茶を濁す。

 

川沿いまで安全に走る。

道路に雪撒くやつとかいるから気を付ける。

 

湯口からビーチ西目屋までTT走。

現状確認といったところ。

平坦は良いがちょっとした上りとか重いな・・・

ペースがいいのは少し追い風だからか??

中間くらいから変な踏み踏みペダリングになってしまった。

もうちょっと丁寧にやらないとな・・・

ビーチまで20分ジャストくらい。

 

休憩してから大秋を1本。

ペース間違えて途中で爆死。

だらだら上まで上って折り返す。

 

復路は・・・やっぱり向かい風。